広告

急速充電対応バッテリーパック作りました。

自作電動バイクのモディファイに伴い新しいバッテリーを作りしました。
今回は、急速充電対応です。

市販されている電装化キット用のバッテリーは、充電に時間がかかります。
大半が2~3Aでの充電電流での充電です。
10Ahのバッテリーで速くて5時間、通常8時間ぐらいかかります。
今回は、急速充電(50分)出来るようすることでバッテリーを小型化しても利便性を損なわない形にしたいと思います。

バッテリーはリン酸鉄リチウム(LiFePO4)を採用しました。
今まで使っていたリチウムイオン電池(LiMn2o4)は、どうしても発火の危険が伴います。
リン酸鉄リチウムも全く発火しないわけではないとは思いますが、危険性ははるかに低いはずです。

右側の青い長方形の物が今回購入したバッテリーです。
左側の緑の電池がsonyの18650リチウムイオンバッテリー4本と青いバッテリー1個とで容量は同じ10Ahです。
サイズは、やや大きくなりますが安全性を優先します。

今回購入した(バッテリーマネージングシステム)

BMSは防水仕様です。
しかし、テスト中にショートさせてオシュカ( ;∀;)

現在取り付けてあるのはこちら

バッテリー16個と一緒に購入したのですが、最初に届いた物はなんとケーブルが5本しかない上に2.4Vにチェックが入っているBMS
セイラーに連絡して新しい物を送ってもらいました。中国から届くまでに2週間以上かかるので間違いがあると作業が長時間止まってしまいます。

新しく送られてきたBMSのラベルには2.4vの所にチェックが…
リン酸鉄リチウムは3.2vなのに…
セイラーに連絡したらラベルが間違ってると言う回答 Σ(・□・;)
恐る恐る試してみたところ、一応ちゃんと機能しているみたいです。
もう笑うしかありません…
まあ、現在はきちんと機能しているのでよしとしますが (n*´ω`*n)

充電器です。

最大12Aで充電できます。
2A~12Aまで任意の電流で充電できるのですがちょっと問題が…
2Aで充電すると冷却ファンが回らずしばらくすると過熱して止まってしまいます。
4A以上ならファンが回るので冷却は問題ないのですがやたらうるさいです。ちょっと出先のマクドナルドで充電ってわけにはいかないかも…充電させてくれればですけど。
清音ファンへの交換を検討します。

バッテリー製作の工程とハプニングは動画をご覧ください