広告

自作電動バイク、結構簡単に作れちゃう?。

2020年6月16日

マウンテンバイクを改造して、モペット・フル電動自転車を作り、原付二種で登録してみました。
自作電動バイク。 登録名はMATT20EV
◎出力         1,000W 48V
◎バッテリー容量   リチウムイオン 10Ah  1個 20Ah 1個 48V
◎最高時速 57km/h 航続距離 50km
 

※最近、完全に分解してモディファイを開始しました。
製作工程の詳細いを記載しています。よろしければそちらをご覧ください。
動画もあります。(#^.^#)

電動バイクの登録に関する区切りは
600W以下       原付一種
600W~1,000W   原付二種
1,000W以上      軽自動二輪
になっています。
作る電動バイクは、原付二種にしました。
原付一種だと、制限速度30km/hですし2人乗りできないし、
軽自動二輪だと登録がすごく大変なので~(^-^;

ベースにするマウンテンバイクは、
メリダ MATTS20V 48,000円

前後サスペンション付き(保安基準の中に前後の車輪には衝撃吸収機能が必要という項目がある為)それなりのメーカー製で手頃な価格ということでこれになりました。

電動化ユニットはLifeBike
26 inch 48V 1000W rear hub motor – bike conversion kit

YouTubeの動画では71Km/h出る事になっています。
でも動画は負荷がかかっていない状態なので、人が乗って走った場合50km/h程度出れば良いかなってことでこれにしました。
実際は60km/h近く出ているので結構満足です
動画YouTube

原付二種の保安基準に適合させるには下記の変更が必要となります。
①ヘッドライト・・・50m先の物が認識できること。
②ウィンカー・・・左右の間隔150mm以上
③ホーン
④スピードメーター
⑤バックミラー
⑥ナンバープレートライト
⑦尾灯とブレーキランプ
⑧リアリフレクター
⑨ブレーキ・・・製造年月日により異なりますが、時速35kmから14mで停止できれば良いようです。
※型式認定は、大量生産するわけではないので必要なし。
登録に関しては、区役所で下記の書類が必要です。(自治体によって異なるかも知れません。)
①モーターの出力が解る写真か納品書
②前後左右の写真
③車体番号の石刷り

まず、アルミの板と角パイプで制御装置等を付けるフレームを作ります。

次は、電装系です。
ヘッドライト、ウィンカー、テールランプはバイク用の物を使うので12vです。
バッテリーは48vなのでDC-DCコンバーターを使います。

ヘッドライトは、汎用のビキニカウルを購入しました。

購入時、LEDヘッドライトって書いてあったのですが大嘘でハロゲンライトでした。妙に安いとは思ったのですが(~_~)
現在は、LEDに交換してあります。フィリップス製の5wの物です、良い感じです。
詳細はここをクリック

ウィンカー用のフラッシャーです。これは無音なのですが音の出るのにすれば良かったとちょっと後悔・・・

ウィンカーは、LEDの汎用品

主要部品の電動化用のブラシレスモーター付きの車輪なのですが、中国から届いてパッケージあけたら衝撃。
リムが曲がっていました(~o~)
振れ取り台で修正。

リアブレーキをVブレーキからディスクブレーキ化。

フロントはVブレーキのままです。
この状態で、35km/hから10m以内で停止出来ます(#^.^#)
詳細はここをクリック

テールランプこれも汎用品。

悩んだのがブレーキのスイッチです。
自転車用のウィンカー、ストップランプユニットのスイッチを流用しました。

タイヤは、パナレーサーのRibmoP
ちょっと高価ですが出来るだけ丈夫で走行抵抗の少ない物を選びました。

基本的には、それほど難しい作業はありません(^^♪。
注意点としては、自転車よりはスピードが出るのでメインテナンスをこまめにすることぐらいです。
7年乗っていますが、バッテリー以外のトラブルはほとんどありません。

この自作電動バイクの最大のポイントは、バッテリーです。
性能は、ほぼバッテリーで決まってしまいます。
最初に買った中華製のリチウムイオンバッテリー10Aは、当初かなり満足のいく性能でした。
満充電で最高時速55~60km/h航続距離20kmはいけました。
しかし、耐久性がいまいちで、2個10Aのバッテリーを購入した物のうち1個は半年で昇天してしまいました。
バッテリーユニットは、13個のバッテリーセルで構成されているいます。そのうち1個でもダメになると他の12個のセルが問題なくても使えなくなってしまいます。
バッテリーは、非常に高価です。(*_*)
結局、メンテナンスの容易なバッテリーパックを自作する事にして試行錯誤中です。

 

ブログ引っ越し前の記事は、下記のURLでご覧いただけますます。
http://kiyobinsha.blog.fc2.com/blog-category-2.html