家族の居場所確認、携帯アプリよりもGPSトラッカー。かなりお勧め!(^^)!

子供や高齢者の居場所を確認したい。
数年前、母親が慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)で出勤途中に行方が分からなくなった事がありました。
携帯電話はもっていたのですが、朦朧とした母との会話中にバッテリー切れ・・・
繁華街の公園のベンチで動けなくなっていた母を公園の管理人が見つけてくれ、何とか自宅の電話番号が伝えることが出来たようで電話があり、迎えに行く事が出来ました。その後救急病院に直行。奇跡的に後遺症も無くすみましたが、見つかるまでの15時間は生きた心地がしませんでした。
スマホの位置特定をする方法は幾つかありますがバッテリーがあまりもちません。
子供には、「どこイルカ」を持たしていました。
http://www.dokoiruka.jp/


これはこれで防犯ブザーにもなって良いのですが位置特定にPHSの基地局を使うのであまり正確ではありません。

そこで今回導入したのが「トラッキモ GPSトラッカー」
これ良いです(*^_^*)
バッテリーのもちが心配でしたがトラッキング間隔を0にして1日1回の居場所検索で9日間は十分もちました。(メーカー発表は6日間)。位置特定もGPSとWiFiでかなり正確です。サイズもかなり小さいです。
価格も通信費(一年)込み19,800円(税別)翌年からの通信費$60です。
月500円強の通信費ならかなり満足出来るものだと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1年通信費込み!みちびき(補完)対応【TRKM010】Trackimo UNIVERSAL TRACKER(トラッキモ ユニバーサルトラッカー)アメリカFBI、各国治安機関にもご採用されております3G/GSM/WiFi/Bluetooth対応 GPSトラッカー 1年保証【送料・代引手数料無料】≪あす楽対応≫
価格:21384円(税込、送料無料) (2018/12/11時点)

ソーラーパネル併用無停電システムモディファイ その② 電源故障により変更

危惧していたのですが、AC-DCアダプターが壊れました(^_^.)
と言う事で今度はスイッチング電源を購入しました。

  

48V・400Wで2,800円!
すごいです。当たり前ですが20~30Aで充電出来ます!
と喜んだのもつかの間・・・
稼動20分ぐらいで煙が出てきて壊れました・・・(~_~;)
やはり、バッテリー専用の充電器でなければダメなのかも・・・

無線リモコンコンセントで電源の入り切りをコントロールしたいので出来るだけ単純な物をさがしました。アルミボディーです、ヒートシンクを熱伝導テープで取り付けました。
放熱も効率よく、かなり良い感じです。(*^_^*)

 

 

 

 

ソーラーパネル併用無停電システムモディファイ

独立ソーラー発電システムは天気の悪い日が続くと、当然バッテリーの電気はどんどん無くなります。
特に野菜栽培用のLEDを付けてからは顕著に無くなっていきます。
今までは残量が少なくなったときに、自動車用の全自動バッテリーチャージャーを使って充電していましたが、これがかなり面倒・・・基本的に電気が無くなるのが夜、わざわざ外に出てバッテリーチャージャーをつながなければなりません。なんとかリモコンでスイッチ入れられないだろうか、リモコン付きのバッテリーチャージャーも売っていますが、結構高いですし有線リモコンなので1階から2階への配線工事が必要になります。
チャージコントローラーがあまっていた事を思い出したので、AC-DCアダプターと無線リモコンコンセントを購入しました。AC-DCアダプターは48Vの物です、電圧が高いほうがロスが少ないかと思ったので(^_^.)

接続は、簡単。

しかし、電源を入れてしばらくするとAC-DCアダプターがメチャクチャ熱くなります。(~o~)
かなり不安になる熱さです。
とりあえずバッテリーとは別のケースに入れてヒートシンクを付ける事にしました。
100均で買ってきたケースの中をアルミテープで覆い、クーリングファンを付けました。
ヒートシンクの取付けは、熱伝導テープを使いました。

 

AC-DCアダプターの電源が入った時にファンを回すようにします。アダプターの電圧が48Vでファンは12V、DC-DCコンバータで降圧します。

これは、電動バイク用に購入した物の予備です。48Vー12V・10A
とりあえず良い感じです。