レヴォーグSTI リアシート ヒータークッション導入

レヴォーグSTIスポーツのシートは革なので冬メチャクチャ冷たい・・・フロントシートは、シートヒーターが付いているので問題ないのですがリアシートには付いていません。
キットを買って付けようと思ったのですが、結構リアシートの表皮をはがすのは大変そうなのでヒーターの付いたクッションを導入しました。

 

サイズは、ぴったりでした(*^_^*)
安いし簡単だし、これで良いかって感じです。

自作電動バイク用バッテリーパック完成。

バッテリーパック、やっと完成しました。
前回作ったバッテリーパックは、数箇所で加熱により損傷してしまいした。

 

5mm幅の薄いニッケル板を直接電池に溶接していたのですが、どうもフルパワー時の電流でかなり加熱してしまうようです。(当然なのですが特に配線の接続部分は顕著です。)
そこで、18650電池用のケースと銅フラットバーを使ってバッテリーパックを作ってみる事にしました。

 

まずバッテリーケースの端子をすべて外して、配線を取り付ける為の突起を切り取ります。全部で260個・・・

端子の背中?にニッケル板を溶接します。

 

端子を元に戻してケースの裏面を梱包テープでつないで電池10本分のケースを13個作ります。

 

銅フラットバー(1.5mm×12mm×240mm)を26本作ります。

 

銅フラットバーにバッテリーケースの端子に付けたニッケル板を折り曲げて溶接します。
しかし、溶接できない・・・純度の高い銅って溶接できないの?
10円で試したときは溶接できたのに・・・(~o~)

困った・・・なんか固定で方法は無いか・・・
思いつきました!書類などを束ねるワニクリップ。

 

良い感じです。がっちり固定できます。養生テープで絶縁して完成(*^_^*)
穴を空けてビスで固定してバーとバーを繋ぎます。

  

18650電池を入れます何本か、電池が熱でやられてしまったので1セル10本のところ9本で組み立てます。

BMSを取り付けます。全ての配線を丸型端子で固定するようにしました。

  

完成!(^^)!

これで、メインテンスが容易なバッテリーパックの完成です!
BMSと電池の交換が容易に行えます。
容量を増やしたい場合は、18650電池の容量の大きな物に交換するだけである程度は増やせます。

テストは、後日。

 

カヤック エレキモーター搭載 テスト

セビラー クイックパックK5 エレキモーター搭載
やっとテスト出来ました。(*^_^*)
今シーズンは天候不順でなかなか機会が無かったのですが、先日やっと群馬の草木湖に行ってエレキモーターの搭載テストしてきました。

安全のためアウトリガーも付けています。なんせバッテリーとエレキモーターで20kgもあるので・・・

完璧です!(^。^)
当たり前ですがエンジンと違って静かです。全開で時速7km/h出ます。
出力を5段階の3にして時速4~5km/hのスピードでエレキモーターを直進に固定した状態で、方向転換はパドルで行うようにすると、まるで流れの緩やかな川をのんびり下っているような感じです。

バッテリーの消費は、出力を3にした状態で草木湖をほぼ一周、1時間半の走行でバッテリー容量の1/3ってとこでしょうか、十分使用に耐えるって感じです。(*^_^*)

 

 

レヴォーグのボンネットに凹みが・・・台風のやつ

本日、朝起きてレヴォーグを見るとすごく汚れてました。
さすがに昨日と言うか今日の朝の台風は、すごかったな~と実感してしげしげとレヴォーグのボンネットを見るとなんか変?
げげ・・・へこんでる!

なんか飛んできてあたったのか。
周りを見渡すと、2階のベランダの目隠しに取り付けてあるプラスチックの竹が一本落ちているではないですか・・・これか(-_-;)
しかし、こんなに軽い物でへこむのか?
調べてみたらなんとレヴォーグのボンネットってアルミ製なんですね~知らんかった。修理代たかそ~
もう少し後ろに下げて完全に車庫内に入れて駐車すれば良かった・・・後悔先に立たず。
まあ、私としては自動車は道具なんで多少の傷や凹みは気にしないのですが、ボンネットは目立つのでカッティングシートマシーンでWRCでインプレッサが激強かったころのステッカーでも作って貼ろうかと思います。

自作電動バイクのバックミラー交換。

電動バイクのバックミラーを交換しました。
車庫で倒してしまい、左のミラーが割れてしまいました。
ミラーを物色していたらよさそうなものが・・・

早速購入(*^_^*)
今までは、100均の自転車用ミラーをグリップエンドに差し込んでいました。安っぽい(^_^.

)

横への張り出しも少なくなってカッコよくいなりました
後方の視界も良好です。

革のステアリングにハンドルカバー

多干渉なのか、昔から運転していると手の汗がすごく気になります。
レヴォーグは、革のステアリングなのですがやっぱり気になっていつもグローブを付けています。
しかし、近所に出かけるときもグローブを付けるのは面倒です。エッセの時は1,000円ぐらいのメッシュ素材のステアリングカバーを付けていました。
レヴォーグにも付けようかと物色し始めたのですがハンドルの形が丸ではなくD型・・・近所のオートバックスやイエローハット等には全く置いてません。
出来るだ実際に触ってから購入したいと思っていたのですが仕方なくネット購入。

 

ちょっと、太いかも・・・触った感じはまあまあって感じです。

ソーラーパネル併用無停電システムモディファイ その② 電源故障により変更

危惧していたのですが、AC-DCアダプターが壊れました(^_^.)
と言う事で今度はスイッチング電源を購入しました。

  

48V・400Wで2,800円!
すごいです。当たり前ですが20~30Aで充電出来ます!
と喜んだのもつかの間・・・
稼動20分ぐらいで煙が出てきて壊れました・・・(~_~;)
やはり、バッテリー専用の充電器でなければダメなのかも・・・

無線リモコンコンセントで電源の入り切りをコントロールしたいので出来るだけ単純な物をさがしました。アルミボディーです、ヒートシンクを熱伝導テープで取り付けました。
放熱も効率よく、かなり良い感じです。(*^_^*)

 

 

 

 

ソーラーパネル併用無停電システムモディファイ

独立ソーラー発電システムは天気の悪い日が続くと、当然バッテリーの電気はどんどん無くなります。
特に野菜栽培用のLEDを付けてからは顕著に無くなっていきます。
今までは残量が少なくなったときに、自動車用の全自動バッテリーチャージャーを使って充電していましたが、これがかなり面倒・・・基本的に電気が無くなるのが夜、わざわざ外に出てバッテリーチャージャーをつながなければなりません。なんとかリモコンでスイッチ入れられないだろうか、リモコン付きのバッテリーチャージャーも売っていますが、結構高いですし有線リモコンなので1階から2階への配線工事が必要になります。
チャージコントローラーがあまっていた事を思い出したので、AC-DCアダプターと無線リモコンコンセントを購入しました。AC-DCアダプターは48Vの物です、電圧が高いほうがロスが少ないかと思ったので(^_^.)

接続は、簡単。

しかし、電源を入れてしばらくするとAC-DCアダプターがメチャクチャ熱くなります。(~o~)
かなり不安になる熱さです。
とりあえずバッテリーとは別のケースに入れてヒートシンクを付ける事にしました。
100均で買ってきたケースの中をアルミテープで覆い、クーリングファンを付けました。
ヒートシンクの取付けは、熱伝導テープを使いました。

 

AC-DCアダプターの電源が入った時にファンを回すようにします。アダプターの電圧が48Vでファンは12V、DC-DCコンバータで降圧します。

これは、電動バイク用に購入した物の予備です。48Vー12V・10A
とりあえず良い感じです。

   

定植から13日目。発芽から25日

2回目の定植から13日目です。

なんか、いまいち育っていません。
気温が連日30℃越えだからでしょうか?
それとも明るさ不足?
LED追加したほうが良いのでしょうか?一応ebayでLEDは購入してあります。5mで送料込み846円
激安です(*^_^*)

「お茶パック栽培法」より「湛液型水耕」の方が発育が悪いような気がします。
湛液型水耕の中でも、エアポンプのエアストーンの近くにある苗の方が良く育っている気がします。
もしかすると根の酸素不足かも知れません。
今までの水位は、プラコップが1cmほど沈む用になっていました。つまり根は水にほぼ浸かった状態です。水位を下げて根が空気に触れるようにしました。

水位を下げるためにエアストーンも薄い物に変更しました。

これでちょっと様子を見ます。
ダメならLEDの追加を検討しようと思います。

もやし栽培開始(*^_^*)

”もやし”ってあまり我が家では使っていませんでした。
最近、節約料理って事で娘の大好物の「チンゲン菜のにんにく炒め」を”もやし”に変えて作ってみたところ大喜び(*^_^*)
ためしに「もやしナムル」を作ってみたら超お気に入りに。
娘が「もやし大好き!」って言うので、これは”もやし”を栽培するしかない!
購入しました。スプライト栽培用の容器とリョクトウ。

とりあえず20gを水に付けて12時間放置!(^^)!